スポンサード リンク
Home » 月刊アフタヌーン » いつも、ふたりで 後編

いつも、ふたりで 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - いつも、ふたりで 後編
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

月刊 アフタヌーン 2011年 11月号 [雑誌]
発売日:2011/09/24
発行:講談社
三葉_笑 こんばんは♪ ミツバです♪
巳園_笑 こんばんは! ミソノです!
三葉 本日は、「いつも、ふたりで」後編(著:冬目景)の感想になります。

巳園 前に紹介したマンガの後編だよね?
三葉 そうですそうです。
また冬目景先生の読切が読みたいためだけにアフタヌーンを購入しました。
巳園 確か以前はパン屋のバイトの子が、主人公のバイト先に来て終わったんだっけ?
三葉 その通りです。
まぁこの後、特に何かあったわけじゃなかったんですが、可愛い女の子と話せて主人公は嬉しかったみたいですね。
巳園_笑 あはは。
巳園_問 でも確か主人公の空想上の子がいたよね?
そのことについては、なんか言ってきたの?
三葉 アヤコですね。
彼女は、どうせ社交辞令だよとか言って来ましたね。
巳園_呆 キツイね…。
三葉 まぁ空想上の人物なので主人公がそう思ってることを言ってるんだと思ってましたが、
巳園_問 違うの?
三葉 うーん、最後の方は主人公が思っていないことも言ってたんですよね。
結局は主人公の妄想だったのかどうだったのかは分からないままでした。
巳園_問 え?
最後どうなったの?
三葉 主人公が感謝の言葉を言ったら最後、消えちゃいました。
巳園_驚 え、そうなんだ。
三葉 ああいう存在が曖昧なキャラクターって好きだったんですけどね。
三葉_泣 ちょっと残念でした…。
三葉 まぁその後、主人公はフツーの日常生活を楽しんで行くみたいな感じで終わってましたね。
巳園 もう彼女は出てこないのかな?
三葉 うーん…、最後は「主人公の頭の中にいるとしたら、また現れるチャンスを狙ってるかもしれないから油断してはいけない」ってなってましたよ。
巳園 結局よく分からないね。
三葉_笑 でも楽しく読めたので満足です。
巳園_笑 まぁそれなら良かったね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>