スポンサード リンク
Home » 週刊少年サンデー » 絶対可憐チルドレン 27巻

絶対可憐チルドレン 27巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 絶対可憐チルドレン 27巻
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

絶対可憐チルドレン 27 (少年サンデーコミックス)
発売日:2011/09/16
著:椎名 高志
三葉_笑 こんばんは♪ ミツバです♪
巳園_笑 こんばんは! ミソノです!
三葉 本日は、絶対可憐チルドレン 27巻の感想になります。

巳園_問 ティムとパレットが表紙ってことは、この二人がメインの巻なのかな?
三葉 後半はそうでしたね。
巳園 表紙を見るかぎりシリアス回…?
三葉 合ってますよ。
内容としては、ティムに対してブラックファントムの洗脳が戻ってしまい、葵とパレットで共闘してティムを救い出す話でした。
巳園_問 あれ?
葵だけなの?
薫と紫穂は?
三葉 葵の弟さんの見舞いに京都行った帰りの出来事だったので、ザ・チルドレンは揃ってなかったんですよ。
巳園 ということは、珍しくザ・チルドレンが揃わないパターンだったんだね。
三葉 そうですね。
それで最後は葵がティムを停止させてる間に、パレットが麻酔弾打ち込んで何とか解決させたんですが、
三葉_笑 ところどころの葵のセリフがかっこよかったですね。
巳園_問 セリフって例えば?
三葉 「「自分はええ」とか「いらん」とか言うてたら誰かは守られへん!」とかです。
巳園_笑 なるほど、確かにちょっとカッコイイねー。
三葉 あとギリアムとかいうブラックファントムの黒幕っぽいのが出てきましたね。
今回ティムのブラックファントムの洗脳が戻ったのはそいつのせいみたいです。
巳園 まぁ確かにきっかけがないと戻らないよねー。
三葉_笑 ですよね。
このままブラックファントムの話が続いていくのか分かりませんが、次の巻も楽しみです。
巳園_笑 だね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>